今日も須崎でダンゴウオ - ダイビングログ 須崎

今日も須崎でダンゴウオ

ダイビングポイント
須崎 九十浜
天候 / 気温
晴れ / 19 ℃
風向き
南西の風
水温
15 ℃
波の高さ
1 m
透明度
2〜4 m
透視度
2〜3 m

どうも〜。
今日は良い天気でしたね〜
おかげで花粉でエライことになっています、パクです。

3月の三連休、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
爆弾低気圧来てます。
けれど、今日は全然余裕で潜れてしまいます。
ただ、さすがに雲見はキツイので、東の須崎に行ってみましょう。

お、今日もダンゴウオがお出迎えです。
赤いバックに、赤の被写体・・・なかなか撮れる被写体ではありません。
カメラもピントが合ってないよ〜と赤いランプを点滅させます。
しかし、そこは執念!!
または、粘りあるのみ!!

あとは、サザエ、アワビ、メバル・・・美味しそうな海産物ばかりですね。

のんびり潜って、帰りは温泉。
そんな休日の過ごし方もいいですね。

さ、明日はどうだ!!

のトシさんは、明日は成田に移動してタイに飛んでいきます。
きっと、何かミラクルを起こして、帰ってきてくれるでしょう。
OOベエとか!!


ダンゴウオは子供の頃は「天使の輪」が付いていて、大人気!
もちろん大きくなってもね!!
※写真はイメージです。


-------------------------------------------------------------------------------------------------

ただいま!
ゴンザレス・和、BALIから帰ってまいりました。
2月27日(土)に出国、長いバリ生活でしたが いざ帰国となると・・・
帰りたくないんですよね!
ゴンザレス、BALIが、BALI人が大好きなんです。

ダイビングは、山あり、谷あり?でした。

先ず、谷のお話から行きましょうか?
3月4日のバリ初ダイブ、エントリーしたら・・・気絶しそうでした!
なんと水温が、21,7℃・・・!?
お客様、 わたし、バリ人ガイド、その他もろもろ、全員の目が点です。
寒いなんてもんじゃないんです。 氷水! 氷の入ったお風呂!!
魚も少ないし、動きもわるいんです。

いつも ハイで陽気なバリ人ガイド「ダルマ」も 笑顔がありません。
「日本から来ているお客様の前で笑いなさい、笑顔を見せなさい。」と
怒ったのですが、ダルマは、涙目でわたしに訴えるのです・・・!
「ゴメンナサイ、ワタシ 寒クテ、寒クテ 笑エマセン! 歯ガ ガチガチ 鳴ッテ 上手ク 話セマセン! ゴメンナサイデスッ! 涙出テキマス!」

「そりゃーそーだよね!」
バリで水温21℃ ・・・ 日本の感覚でいったら 8〜10℃前後です。
笑えないのも無理ないのかもネ。
翌日から、当然ポイントを変えました!

次は、楽しい山の話です。

ビッグ・ポイント「ヌサ.ぺニダ」で 巨大な「マンボウ」を2匹、GET!!
かるいドリフトでユックリ、ユックリと前に・・・「アレッ〜、あのお姿は!!」
御出現、ありがとうございました!

日の出ダイビングでは、「カンムリブダイ」30数匹、「バラクーダ」GET!!
しかも この2種類のお魚さんは、まだまだ夢の中・・・
30cmくらい近づいても 全然逃げないのですよ!

日の出ダイビングは、別名「20歩ダイビング」とも呼ばれています。

※ (この20歩というのは、部屋のドアを開けて、10歩でタンクを担ぎ、残り10歩でエントリー、海の中に・・・しかもエントリーして 2、3分で「ギンガ メアジ」のトルネードの中にと言う意味です。)

「ギンガメアジ」の大きな大きな、トルネード!
一体、何百匹いるのでしょうか? すごい数でした。
ただ、水深に問題が・・・ 浅いんです!
水深3〜8mなので、カメラをかまえたお客様が、シャッターを押す時に息こらえをするので浮いてしまうのです。

3月2日に、「センバ・ルア」というハンマーヘッド狙いのポイントに入りましたが、3ダイブ中 ラスト1本が大当たり!
4〜5m級のハンマーヘッドを2匹、GET!

でも下田に帰ってきた翌日、雲見で海中人になったのですが・・・
水温14℃(水温はあまり気になりませんでしたが!) 透視度が1〜2m、
これには、ビックリしました。

だって、2,3日前には、水温29〜30℃、透視度20〜30mもあった
BALI島だったのですから・・・!