大物は思い通りに動いてくれないから大物なんです@雲見 - ダイビングログ 雲見

大物は思い通りに動いてくれないから大物なんです@雲見

ダイビングポイント
雲見 牛着岩
天候 / 気温
曇り / 21 ℃
風向き
西の風
水温
20 ℃
波の高さ
1.5 m
透明度
12〜14 m
透視度
10〜12 m

雲見は今日も穏やかです。
ということで、1本目はトビエイががんがん飛び交っているという噂のモロコ根経由のアウトサイドを目指します。

エントリーすると、まずは1mオーバーのクエがクリーニング中。
僕らを気にすることなく堂々と岩の上に鎮座しております。
そこから24mアーチ付近へ近づいていくと、魚の群れで透明度がなくなります。
いやー、魚影が濃い。

さあここからガツンと外へだしていきますか。
テングダイを横目にモロコ根に到着すると・・うん?あれか?
ええ、ボトム近辺にシルエットが。
ここですでに深度20Mなんですけど。深いんですけど。

そのまま流していくと、岩の側に巨大なホシエイのシルエットが・・。
いや、だから深いんですけど。
まあ、でかかったからよしとしよう。

2本目は気持ちを切り替えて、魚影とマクロと地形を味わいにスタンダードへ。
まだウミウシも頑張っていますね。
キャラメルやムラサキウミコチョウ、ヒロウミウシなどのきれいどころがちょこちょこと。
またカエルアンコウも久々に見ました!
これはかわいいです。
ハナタツも健在。

そして3本目は漁礁でまったりと魚を見て終了。
いやー、今日もいい海だったなあと帰り支度を終えると上がってきたグループが一言。
「マンボウでかかったねえー!」

・・・・・。まじっすか?

とし