地形&群れ&クマドリカエルアンコウ@雲見 - ダイビングログ 雲見

地形&群れ&クマドリカエルアンコウ@雲見

ダイビングポイント
雲見 牛着岩・大根・三競
天候 / 気温
晴れ / 26 ℃
風向き
東の風
水温
24 ℃
波の高さ
1.5 m
透明度
7 m
透視度
8 m

朝晩がだいぶ涼しくなってきましたね!
今朝は若干の寒さで目が覚めました。

しかーし。
徐々に日が差して、暖かくなりました。
海はベタ凪。うねりなし。
問題は、透明度だけです。

今週末は連休ではないものの、トップシーズンだけあり、下田ダイバーズは全ガイド2チーム体制の満員御礼でした!
私は、久しぶりのダイビングの方と、初雲見の方の、2チームを担当。

久しぶりのダイビングは、緊張しますよね。
セッティングの仕方から、復習が必要ですよね。
でも、一旦水中に入ってしまえば、少しずつ感覚が戻って来ます。
この感覚を忘れないうちに、また潜りに来てくださいね。

そして、初雲見の方には、ぜひとも雲見の地形を見てもらいましょう!
と思ったら、1本目は流れが速く、沖に出たら吹っ飛びそうです。
Hの穴で引き返し、水路下の洞窟へ。
流れがおさまった2本目に、-24mアーチ〜縦穴。
どうですか、雲見の地形!
そして、3本目は、群れが見たいとのことでしたので、小牛一周。
噂には聞いていたももの、なかなかチェックしに行く機会のなかったクマドリカエルアンコウ、この辺に
いるのかな〜と壁を眺めてみると・・
いいんですかね、こんな簡単に見付かって。
久々に見ましたが、カワイイですね!!!
というか、先週のあの台風のうねりを耐え忍ぶなんて、なかなか気合いの入った子です。

アジの群れは相変わらずHの穴の上にわんさかいて、すこしずつ成長しているカンパチが狙っています。
キビナゴやイサキの群れも圧巻です。
とにかく、魚が多いです。

あとは、透明度・・。

慶子でした。


※お知らせ※
Pから始まる八丈島ツアー!
今年こそはナズマドに行きましょう♪
限定10名早い者勝ちですよ。
お問い合わせお待ちしております。