あきらめないことって、とりあえず今できることをやりつくすことだと思うんですよね@田子 - ダイビングログ 田子

あきらめないことって、とりあえず今できることをやりつくすことだと思うんですよね@田子

ダイビングポイント
田子 太根 白崎
天候 / 気温
晴れ / 31 ℃
風向き
西の風
水温
24 ℃
波の高さ
2 m
透明度
10〜12 m
透視度
8〜10 m

未だうねりが残り続ける、ここ数日。
朝の判断が非常に悩ましい、ここ数日。
雲見はオープン。
しかし、水路が通れないなどの制限がつくわけで。
それならば、いっそ今熱い田子の外洋を攻めたほうがベストじゃないのか?
あれだけのワラサの群れが見れるポイントはそうないだろう。
よし、決めた!
ということで、本日は田子の外洋勝負へ。

まずはやはり外洋といえばここ「太根」
うねりはあるぞというインフォメーションがあったので、念入りにブリーフィング。
さあ、いきますよーとエントリーすると・・・
うねりは聞いてましたけど、今日が激流だったとは聞いていませんでしたよ?
いったん根に隠れ、様子を伺います。

キンギョハナダイがビュンビュン後ろに飛ばされていきますね。

・・・・魚で無理なものを、俺らに行けと?
後ろからお客さんの心の折れる音が今にも聞こえてきそうです。
ダイコンを見るとエントリーしてまだ5分。
あと30分?どうすんの、これ?
けどね、あきらめたらそこで試合終了です。
とりあえず現状で考えうる選択肢をすべてやりつくす。
それがあきらめないってことだろう?
そう太根は教えてくれました。

しかし、ゲストの心はぽっきり折れてしまいました。

ということで。
心のリハビリに、癒しのポイント「白崎」
ここには色彩豊かなソフトコーラルや鮮やかな緑が印象的な枝サンゴ。
そしてまったりとした魚の群れが僕らを待ってくれていました。

自然は時に厳しく、時に優しく色々なことを教えてくれます。
ダイビングを通じて皆さんと共に感じていけたらなと思います。
そんな下田ダイバーズがダイバー9月号、別冊に!
本屋でみかけたらぜひみなさん、GETしてくださいねー!

とし