波勝崎組と雲見組・・・あなたはどちら派!? - ダイビングログ 波勝崎

波勝崎組と雲見組・・・あなたはどちら派!?

ダイビングポイント
波勝崎 ベンケイ ミカジマ 青の洞窟
天候 / 気温
快晴 / 30 ℃
風向き
西の風
水温
26 ℃
波の高さ
2 m
透明度
15 m
透視度
10時 m

こんばんは!
たけです(^▽^)/

今日は、『雲見組』と『波勝組』に分かれて出発でした!

今日のログは波勝崎にクローズアップしていこうと思います!
まず1本目は『弁慶』というPOINTに行って来ました。
フリー潜降ができるか不安とおしゃっていたゲスト様がいらっしゃいましたが、
ばっちりフリー潜降できていました!(笑)
GOODでした!
潜降してすぐに『カンパチ』が目の前を横切っていき、その周りにはイサキの群れが、
そして雲見とはまた違った青さが印象的です!
どんな青さかと言いますと、雲見と比べると明るく透き通った青でした!
ただ、今日は潮の流れが遅く、魚たちが散らばってしまったようで昨日のような魚のカーテンは見ることが出来ませんでした!
しかし、360°どこを見ても『魚』、『魚』、『魚』!!
上にはイサキ、隣にはニザダイ、下にはアオブダイやタカノハダイ!
船の上に上がってきて出た一言は「満足!!いい!!」でした(笑)
2本目は『ミカジマ』というPOINTでした。
ミカジマにはL字型の洞窟があり雲見の縦穴に似ていますが大きさはミカジマのほうが大きいです!
雲見とはまた違った地形美に圧倒されます!
今度もイサキは群れを成して海の中をサーキット場かのようにビュンビュン泳ぎまわっていました(笑)
水深16m付近にはキンギョハナダイが20匹ほど群れていました!
橙色の花びらが水中を待っている様でbackの海の青といいコントラストでした!
3本目は『青の洞窟』に!
雲見を含め西伊豆は火山活動によって生まれた地形がとても特徴的です!
波勝崎の地形もとても見応えがあります!

海の波の浸食によって生まれた地形をみると自然の怖さと偉大さそして強さが感じられます。

ダイビングは魚を見て、海を感じて自然に触れるだけでなく、地形を見るということでもp自然を強く感じられる面白いレジャーだと思います!

是非是非、皆さんも雲見や波勝崎の地形を見に
下田ダイバーズに遊びに来てください!!

待ってます!