洞窟探検@雲見 - ダイビングログ 雲見

洞窟探検@雲見

ダイビングポイント
雲見 牛着岩
天候 / 気温
快晴 / 11 ℃
風向き
東の風
水温
14 ℃
波の高さ
2 m
透明度
12 m
透視度
12 m

今日は今年初潜りに西伊豆屈指の地形ポイント雲見・牛着岩へ行ってきましたー。
「寒い、寒い」と聞いていたのですが、
海の中はとても心地よくダイナミックな地形を堪能しました。
二人とも雲見というポイント自体初めてだったのですが、
ガイドのミホさんとともに完全に洞窟探検気分でした。
海中ではカラフルなウミウシ達、イシモチやハタンポの群れ、
でっかいクエに綺麗なカエルアンコウなどが
出迎えてくれ地形だけでなく生物も充実!
明日もダイビングを控えているのですが、
天気もよくこれから凪になり濁りもとれるということなので期待しちゃってますっ。

雲見はダイビングを始めたころから一度は行ってみたいポイントでした。
そして、その夢が今日叶いました!!しかも今年の初ダイブです(^^)

1本目は「小牛の洞窟」に行きましたが、
初の洞窟は「真っ暗で何も見えなぁ・・・」という印象でしたが、
ミホさんが照らしてくれた先にはセミエビ・イセエビ・オトヒメエビなど
普段はなかなか姿を見せてくれない生き物達が出迎えてくれました!!
洞窟を抜けると今まで見たこともないような大きなクエを見ることが出来て
すばらしいダイビングでした。

2本目は「−24mのアーチ」に行きました。
エントリーした瞬間からキンギョハナダイやクロホシイシモチの大群を見ることが出来ました。
アーチは、岩の隙間に大型のイシダイやテングダイが群れており圧倒されました!
そして、帰路にはコイボウミウシ・サガミリュウグウウミウシ・サクラミノウミウシの3連チャン!!
しかも全て大型で、地形とマクロの両方楽しむことができました。

3本目は予定していなかったのですが、
雲見の地形や生物に魅了されてしまい急遽潜ることにしてしまいました!!
「大牛の洞窟」は奥が小さなホールになっており、
一見すると何も見えませんがライトを照らすと体の透明なサクラテンジクダイが
数えきれないほどたくさんいました。
そして出入り口付近には、
キレイなイロカエルアンコウとベニカエルアンコウがかくれんぼしていました(笑)

こんな感じで初雲見は大、大、大満足です!
明日も新たな発見を求めて潜って来ます!!

ありがとう!!
東海大学の海洋学部